中学2年生の娘と中年男の膝で爪とぎをして甘えてくる猫-ゆきお

我が家の飼い猫-ゆきおを1匹残して、飼い主達(妻・娘・私)の3人は3日ほど自宅を留守にしていた。
留守の間、近所の人(妻の友人)がゆきおを見に来てくれていたとは言え、ゆきおにとっては3日間も飼い主達に会えなかったのだから心細かったであろう。
3日ぶりに再会した飼い主達に、ゆきおはどんな行動を見せるのか。

中学2年生の娘が一番最初に家に入る。
続いて私(中年男)が家に入る。

私が1階のリビングに入ると、ゆきおはニャーニャー言いながら娘にすり寄っていた。
かわいらしかったので、iPhoneで動画撮影を開始。
間もなく、ゆきおは愛情表現の1つである「爪とぎ」を飼い主達の膝で始めた。


動画「中学生の娘と中年男の膝で連続で爪とぎをして甘えてくる猫-ゆきお」

中学2年生の娘の膝上に座ってゴロゴロと喉を鳴らす猫-ゆきお
ゆきおは娘の膝上に座ってゴロゴロと喉を鳴らす。

3日ぶりに帰ってきた飼い主達に、甘えまくるゆきお。
もともと甘えん坊のゆきおが、飼い主達が3日間家を留守にしていると、さらに甘えん坊になってしまった。
この後、最後にリビングに入ってきた妻にもゆきおは甘えていた。
飼い主達全員に甘えたかったようだ。

猫は3日で恩を忘れる、と言う言葉を聞いたことがあるけれど、真実かどうかは分からない。
たとえ真実だったとしても、こんなにもかわいくてたっぷりと癒しを与えてくれるのだから、猫とはなんて素晴らしい生き物なのだろうと思う。

猫は3日前の恩は忘れるかもしれないけれど、3日間会わなければとても甘えん坊になるかもしれない。
私も甘えん坊だから、今度長期出張から帰ってきた時には、妻・娘・猫にゴロゴロと喉を鳴らすとするか...。

《関連記事》
こたつテーブルの上から小学六年生の娘のズボンで爪を研ぐ猫-ゆきお
両前脚を飼い主(中年男)の顎に突きつけてイヤイヤをする猫-ゆきお、翌朝は爪研ぎで愛情表現

前へ

寝息を立てる中年男にスリスリしながらゴロゴロと喉を鳴らす猫-ゆきお

次へ

特急サンダーバード35号・金沢行が運行取り止め→金沢駅で無料宿泊