9000円分の収入印紙を郵便局で購入した

IPAの情報処理安全確保支援士の登録申請書の提出時に9000円分の収入印紙が必要だったので郵便局で購入した。

日曜日でも営業している郵便局といえば、愛媛県松山市内の場合、松山中央郵便局か、いよてつ高島屋の南館に入っているまつやまマドンナ郵便局を利用することになる。
私は本日、家に近いまつやまマドンナ郵便局を利用した。
もちろん、日曜日でも収入印紙を買える

9000円分の収入印紙(4000円と5000円の収入印紙)
9000円分の収入印紙(4000円と5000円の収入印紙)。

郵便局の窓口の人によると、9000円ちょうどの収入印紙は存在しないそうなので、4000円の収入印紙1枚と5000円の収入印紙1枚を買うことになった。

会社の仕事で契約書に貼られた収入印紙を見ることはたまにあるけれど、個人的な用事で収入印紙を買うことは、滅多にない。
過去に何かの用事で1度ぐらいは買ったことがあるかもしれないが思い出せない。
もしかしたら、個人的な用事で自分で収入印紙を買ったのは今回が初めてかもしれない。

収入印紙」と「日本政府」という文字がなければ、収入印紙の見た目は切手にしか見えないなあ。
これに9000円の価値があるというのは不思議だ。

  
 

前へ

アニメ「恋物語」の貝木泥舟の変顔を見つめる猫-ゆきお

次へ

シンカリオン×エヴァンゲリオン超限定クリアファイル欲しさにDIME 2018年10月号を購入したけれどホテル記事の間違いが気になる