グレースフォーユー余戸 豊湯 ほうゆ〜の温泉、サウナ、水風呂が気持ちいい

グレースフォーユー余戸 豊湯 ほうゆ~(住所:愛媛県松山市余戸東5丁目3-36)を久しぶりに訪れた。
訪れたのは、何年ぶりだろうか。

グレースフォーユー余戸 豊湯 ほうゆ~の店舗入口と店舗前の道路、風景
グレースフォーユー余戸 豊湯 ほうゆ~の店舗入口と店舗前の道路、風景。

若干場所が分かりにくいけれど、「ほ~ゆ~」のネオンが流れているので、ここが温泉施設「ほうゆ~」であることが分かる。

グレースフォーユー余戸 豊湯 ほうゆ~の店舗入口と駐輪場
グレースフォーユー余戸 豊湯 ほうゆ~の店舗入口と駐輪場。

駐輪場(自転車置き場)のすぐ隣には車の駐車場もある。

グレースフォーユー余戸 豊湯 ほうゆ~の店舗入口
グレースフォーユー余戸 豊湯 ほうゆ~の店舗入口。

入口の隣には「豊湯 純天然温泉ほ~ゆ~ 会員制 余戸温泉」という看板がある。

デイサービスセンターの施設と一体化しているから、「会員制」という表記を見ると一般の人は入浴できないと考えるかもしれないけれど、5枚綴りの入浴券を購入することで入浴できる。

ほうゆ~の懐かしいマット
ほうゆ~の懐かしいマット。

マットの「ほうゆ~ For You」の文字を見ていると、15年ぐらい前に妻と私とで訪れた旧・温泉施設を思い出す。
その温泉施設が閉鎖して寂しくなっていたけれど、こうやって姿を変えて温泉施設が復活しているのは嬉しい。

久しぶりに訪れるので、以前購入していた入浴券は使い切ってなくなっていたからフロントで新しく購入する。

グレースフォーユー余戸 豊湯 ほうゆ~の入浴券(表紙)
グレースフォーユー余戸 豊湯 ほうゆ~の入浴券(表紙)。

購入した入浴券は5枚綴で、2000円。
つまり、1回あたりの入浴料金は400円となるので、他の温泉施設と比べると割安感がある。

表紙を10枚集めると(5枚綴りの入浴券を合計で10枚買うと)、入浴券が5枚もらえるサービスもあるから、それらと組み合わせるとかなりお得な温泉施設だ。

グレースフォーユー余戸 豊湯 ほうゆ~の入浴券のお願い事項、入浴券
グレースフォーユー余戸 豊湯 ほうゆ~の入浴券のお願い事項、入浴券。

入浴券には有効期限がある。
有効期限は購入した日から3か月まで。
3か月以内に使わないと無効になるので、たまにしか行かない場合は有効期限が切れないように注意する必要がある。

今日は私は中学1年生の娘と一緒に訪れたので、合計2枚の入浴券を早速使用した。

グレースフォーユー余戸 豊湯 ほうゆ~の入浴券に記載されている地図
グレースフォーユー余戸 豊湯 ほうゆ~の入浴券に記載されている地図。

この地図を見ても分かるけれど、グレースフォーユー余戸の最寄駅は伊予鉄道郡中線の余戸駅
Google Mapsで調べたところ、余戸駅からグレースフォーユー余戸までの距離は550メートルで、所要時間は歩いて7分のようであるから、公共交通機関でも簡単に訪れることができる。

グレースフォーユー余戸 豊湯 ほうゆ~の入浴券(背表紙)
グレースフォーユー余戸 豊湯 ほうゆ~の入浴券(背表紙)。

営業時間は朝9時から夜10時(22時)までで、年中無休のようである。

グレースフォーユー余戸 豊湯 ほうゆ~のフロント、靴箱
グレースフォーユー余戸 豊湯 ほうゆ~のフロント、靴箱。

フロントで入浴券と引き換えに靴箱の鍵と脱衣所のロッカーの鍵をもらう。

脱衣所で脱いだ服はロッカーに入れ、フロントでもらった鍵でロッカーの鍵をかける。
ロッカーは縦長のタイプで私の身長よりも高いタイプであるから、ズボンなどを折り曲げずにそのまま入れられる。

洗い場には無料のボディソープとシャンプーが設置されているので利用させてもらう。
大浴場の天然温泉につかると気持ちいい。

サウナ室内の椅子はそのまま座ることはできない。
サウナ室の入口にあるマットを持って入り、椅子の上にマットを置き、マットの上に座る必要がある。

久しぶりに利用したため、マットを持って入るのを忘れていたら、親切なおじさんがマットを持って来てくれた。

「これ、綺麗に洗っていますから、使ってください」
「ありがとうございます」

御礼を言ってマットを受け取る。
マットの上に座り、サウナ室内にあった無料の塩を身体に塗る。

塩サウナ、気持ちいい。

親切なおじさんとその息子さんは、何と塩を持参していた。

「そこの塩も使えるけど熱いから、塩は持って来る」

というような会話を他のおじさんとしていた。

塩サウナに塩を持参するという発想はなかった。
世の中には塩と言っても色々あるだろうから、自分の身体に塗るのに適した塩、というものもあるかもしれない。
面倒くさがり屋の私はおそらく今後も塩を持参することはないのかもしれないけれど、自分の塩を持って来るというのはこだわりがあって面白いと思った。

サウナ室内にはテレビがあるので、テレビを見ながらぼーっとした時間を過ごしていると、汗がたくさん出て、暑さに我慢ができなくなったところで一度サウナ室内から出て、水風呂に入る。

そしてまたサウナ室に入り、また水風呂に入る、ということを何度か繰り返すととても気持ちが良くなった。

そろそろ風呂から出ようと思ってサウナ室の椅子の上に置いていたマットを取り、サウナ室から出る際に親切なおじさんに再度御礼を言った。

「御親切にありがとうございました」
「いえいえ、いいところだからね。また来てね!」
「はい、また来ます!」

グレースフォーユー余戸 豊湯 ほうゆ~の待合室の椅子、自動販売機
グレースフォーユー余戸 豊湯 ほうゆ~の待合室の椅子、自動販売機。

誰もいないということもあるけれど、とても静かで心が安らぐ。

娘がまだ風呂から出ていないようだったので、自動販売機でジュースを買って飲む。

グレースフォーユー余戸 豊湯 ほうゆ~の自動販売機で購入した小岩井純粋りんご
グレースフォーユー余戸 豊湯 ほうゆ~の自動販売機で購入した小岩井純粋りんご。

サウナと水風呂の往復で身体から随分と水分が失われたはずだ。

冷たいりんごジュースがおいしい。

しばらくすると、娘も出て来た。
娘もお風呂を楽しめたようであった。
娘にジュースを買ってあげると、喜んでもらえた。
父としては風呂上がりに娘との団欒が楽しめたのも嬉しい。

今日は中学校の運動会があったということもあり、運動会に参加していた娘も、運動会を朝から見に行っていた私も疲れ切っていたが、温泉に入ると元気を取り戻した。

今後はもうちょっと頻繁に行きたいなあ。

  

前へ

愛媛県松山市の古川温泉のお風呂とサウナと水風呂が気持ちいい

次へ

ローズハウス余戸店の朝食バイキングがおいしい