矢板駅前のホテル・ホテルウェリィスミヨシに宿泊した感想

栃木県矢板市の矢板駅周辺で宿泊できるホテルとして、矢板駅西口の目の前にホテルウェリィスミヨシというホテルがあるので宿泊した。

(備考)
ホテルウェリィスミヨシの住所は、栃木県矢板市扇町1-34-4である。
ホテルウェリィスミヨシは、矢板駅の目の前にあるホテルなので、矢板駅西口の改札口から徒歩1分程度でホテルの玄関にまで行ける。

以下に、宿泊した感想を記載する。

ホテルウェリィスミヨシのシングルルーム室内の様子(机、椅子、窓)
ホテルウェリィスミヨシのシングルルーム室内の様子。

室内に入った瞬間に感じたことは部屋が広いということ。
室内が狭いビジネスホテルに宿泊することが多いため、この広さは気持ちが良い。

ホテルウェリィスミヨシのシングルルーム室内の様子(ベッド)
ホテルウェリィスミヨシのシングルルーム室内の様子(ベッド)。

シングルルームのベッドは適度に広く、寝心地も良かった。

ホテルウェリィスミヨシのシングルルームの机
ホテルウェリィスミヨシのシングルルームの机。

長机であるため、PCで長時間作業をするのに向いている。

ホテルウェリィスミヨシのシングルルーム室内の窓から眺めた矢板駅西口
ホテルウェリィスミヨシのシングルルーム室内から眺めた矢板駅西口。

バスやタクシーが停まっている他、時間帯によっては高校生と思われるたくさんの生徒達が駅を利用する様子が見られた。
矢板駅の利用客は多そうである。

ホテルウェリィスミヨシのシングルルーム室内の窓から眺めた矢板駅、ショッピングセンター・ベイシア
ホテルウェリィスミヨシのシングルルーム室内の窓から眺めた矢板駅、ショッピングセンター・ベイシア。

チェーン店のベイシアというショッピングセンターにはこれまでに行ったことはないと思う。
ベイシアは、矢板駅の東口側にあるので、私が宿泊しているホテルウェリィスミヨシがある東口側とは反対方向である。
ホテルの窓から見ると、ベイシアは少し遠くに感じたけれど、ホテル周辺にはコンビニがなかったので、後ほどベイシアに行ってみた。
ベイシアには食料品、衣料品、フードコートなどがあり、ショッピングセンターとしての機能が一通りそろっていた。
店内が広すぎるので、くまなく歩くなどという無謀なことはできないから、食料品コーナー周辺ぐらいしか歩いていないけれど、販売されている商品の1つ1つの価格が安いなぁ、と感じたので、お菓子、ドリンク、アイスクリームといった商品を衝動買いしてしまった。
次にホテルウェリィスミヨシに宿泊することがあれば、真っ先にベイシアに行って買い物をした方がよいのではないかと思えるぐらい、良かった。

ホテルウェリィスミヨシのシングルルーム室内の様子(トイレ、ベッド)
ホテルウェリィスミヨシのシングルルーム室内の様子(トイレ、ベッド)。

ホテルウェリィスミヨシのシングルルーム室内の様子(洗面台、トイレ)
ホテルウェリィスミヨシのシングルルーム室内の様子(洗面台、トイレ)。

ホテルウェリィスミヨシのシングルルーム室内の様子(洗面台、風呂の浴槽)
ホテルウェリィスミヨシのシングルルーム室内の様子(洗面台、風呂の浴槽)。

トイレ、洗面台、風呂は同じ浴室内にあるユニットバスタイプではあるが、浴室内が広いので、窮屈な感じはせず、快適であった。
大きな浴槽にお湯をため、ゆっくりつくつろぐことができた。

ホテルウェリィスミヨシの4階にあるマッサージチェア
ホテルウェリィスミヨシの4階にあるマッサージチェア。

今回は利用はしなかったけれど、気持ちよさそうである。

ホテルウェリィスミヨシの建物外観
ホテルウェリィスミヨシの建物外観。

ホテルウェリィスミヨシ前の道路、周辺風景
ホテルウェリィスミヨシ前の道路、周辺風景。

ホテルウェリィスミヨシの食堂
ホテルウェリィスミヨシの食堂。

ホテルの1階には食堂がある。
定食もあるし、居酒屋形式の一品物の料理も多数ある。
夕食はこの食堂で頂いた。
大変おいしかったし、値段も安かった。

翌日、朝食もこの食堂で頂いた。

ホテルウェリィスミヨシの朝食(和食)
ホテルウェリィスミヨシの朝食(和食)。

前日にホテルのフロントで朝食を勧められた際、和食と洋食が選べたので、和食を選んだ。
食堂のスタッフの人にルームキーを見せると、和食ですね、とすぐに用意をしてくれた。
ルームキーを見ただけで、和食か洋食のどちらを注文しているかを分かるのは凄いと思った。
料金は700円(税込価格)だった。

おいしかった。
食後に、ほっとコーヒーを飲むこともできた。
コーヒーはセルフサービスとなっていた。

ホテルウェリィスミヨシは、また泊まりたいと思える良いホテルだと思った。

  
 

前へ

中学生の娘のイライラ解消のために購入したカルシウムたっぷりの「食べる小魚」に猫-ゆきおが興奮!

次へ

猫ベッドで横になって伸びをする猫-ゆきお、ストレッチの重要性を飼い主に悟らせる