猫ベッドで横になって伸びをする猫-ゆきお、ストレッチの重要性を飼い主に悟らせる

猫ベッドで横になって伸びをする猫-ゆきお
猫ベッドで横になって伸びをする猫-ゆきお。

自宅にいる妻が送ってくれた我が家の飼い猫ゆきおが猫ベッドで横になって伸びをする写真。

両前脚をくっつけてぎゅーっと伸ばして、後脚を押さえる様子がとてつもなく可愛らしい。

こんな風に伸びをすると、猫背な背中がピーント真っすぐになっているようである。
猫だからと言って、いつも猫背であるとは限らない。
たまには、こうやって姿勢よく背を伸ばしているようである。

ゆきおのこの写真を見て、ピンときた。

これは、ストレッチをしているのではないだろうか。

飼い猫として、なまってしまった体。
カチコチになってしまった体。
体を柔らかくするために、ストレッチをしているのではないだろうか。

ゆきおの前脚は、後脚の先...人間で言うところの足首を持っているように見える。

よし、私も真似してみよう。
ゆきおを見習って、私もストレッチ!

...なんと、私の手が、足首に届かない。
想像以上に体が硬くなっていたようである。

人間である私と、猫であるゆきおは、もともと生物的に体の柔らかさが違うのであろうと思うけれど、悔しい。
ゆきおは私よりはまだまだ体が柔らかいようである。

家でゴロゴロして寝てばかりでほとんど動いていない猫-ゆきお
仕事の通勤や出張で歩き回ることが多い私。

自宅でのんびりスヤスヤ寝ているだけの猫。
出張先で汗だくで疲れ切っている私。

何故、こんなにも格差が大きいのだろう。
典型的な格差社会だ!

どうして、体を動かしていないゆきおの方が体が柔らかいのかなぁ。
その理由は、やはり、ゆきおは猫だからかなぁ。。
猫には人間がかなうわけがないかぁ。

と...いう考えで終わってはいけない。

ゆきおの体が柔らかいのは、毎日、頻繁に、このようなストレッチ(伸び)をしているからではないだろうか。
硬くなった体を柔らかくするにはどうすればよいのか。

この疑問・問いに対する答え...。
ひょっとしたら、猫の真似をすればよいのではないだろうか。

今後は、ゆきおを見習って私も毎日頻繁に伸びをしよう!
飼い主の健康増進につながることを教えてくれた我が家の世界一可愛い飼い猫・ゆきおには、感謝しなくては。
(今度、ゆきおに会った時には、妻に内緒でニボシを1匹ぐらいはあげた方がよいかな。)

  
 

前へ

矢板駅前のホテル・ホテルウェリィスミヨシに宿泊した感想

次へ

『すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論』(著者:堀江貴文)を読んだ感想