赤いチェック柄のシャツで覆われた猫ベッドで可愛いポーズをとる猫-ゆきお

自宅にいる妻からLINEで送られてきた我が家の飼い猫ゆきおの可愛らしい写真を見ていると、懐かしいものが写っていた。

私がたぶん20年ほどは愛用していたと思う赤いチェック柄のシャツ。
私の感覚ではまだ着れないことはなかったけれど、妻の感覚ではこのシャツはあまりにもボロボロになっていてみっともないので、もう捨てることを宣言されたものであった。

妻からは、捨てる前にゆきおの猫ベッドの上にかけるシーツ代わりに使ってよいか、と聞かれたので、もちろんいいとも、と答えていた。
そのことをすっかり忘れていた。

赤いチェック柄のシャツで覆われた猫ベッドで両足開脚で股に右前脚を乗せて座る猫-ゆきお
赤いチェック柄のシャツで覆われた猫ベッドで両足開脚で股に右前脚を乗せて座る猫-ゆきお。

この写真は昨日送られたもの。
私が長年着ていたシャツの上で面白いポーズをとるゆきお。

私がかつてこのシャツを着ていた頃にも、私が寝ている時に、私の背中やお腹の上でゆきおはひょっとしたらこんなポーズをとっていたかもしれない。

赤いチェック柄のシャツで覆われた猫ベッドで胸と脚の白いフカフカな毛を見せつけてくる猫-ゆきお
赤いチェック柄のシャツで覆われた猫ベッドで胸と脚の白いフカフカな毛を見せつけてくる猫-ゆきお。

赤いチェック柄のシャツで覆われた猫ベッドに両前脚をかけて前のめりに顔を突き出しながら可愛らしくニャアと口を開ける猫-ゆきお
赤いチェック柄のシャツで覆われた猫ベッドに両前脚をかけて前のめりに顔を突き出しながら可愛らしくニャアと口を開ける猫-ゆきお。

ゆきお、かわいい!

いつまでもゆきおには私が着ていたこの赤いチェック柄のシャツを使ってほしい。

しかし、妻によると、それはない、とのこと。

ゆきおが、うんこをシャツの中に隠し持っていたことが発覚し、シャツはうんこで汚れてしまったので、そろそろこのシャツは捨てようと思っている、とのこと。

残念。

せめて私が次に自宅に帰る日までは、このままにしておいてほしいなぁ。

  
 

前へ

亀有駅北口から徒歩13分の銭湯・日乃出湯に入り、亀有一品で夕食を食べた感想

次へ

アイロン台の上に乗る猫-ゆきお