写真集『東京屋上散歩』(著者:鷹野晃)を読んだ感想

東京の屋上、屋上から見える風景などを撮影した写真集。

巻末に、撮影場所と著者の簡単な写真解説が付いてあるので、写真集を見て気になった屋上があれば行ってみる人もいるかもしれない。(もう存在しない屋上もあるようだけれど。)

建造中のスカイツリーの写真も複数枚あるので、スカイツリーが好きな人で、どこからスカイツリーを見たらよいかを考えている人は、参考となるかもしれない。

私が好きなのは、廃墟みたいになった草ぼうぼうの屋上写真(著者によると、都営本郷一丁目アパートとのこと)。
何故か、心が落ち着く。

写真集を見ると、屋上には様々なものがあることが分かった。

遊園地、ビアガーデンなどは、全国どこにでもありそうだが、

  • 鳥居や社
  • ペンギンがいる水族館
  • 土と樹木に囲まれた池と池から飛び立つ鳥
  • 水田
  • 家族で走り回ることができる広大な草原(芝生?)

などは、東京レベルの大都会の屋上でないと、なかなかお目にかかれないと感じた。
これらは、人が立ち入ることを前提とした屋上施設であるため、多くの人が訪れ、楽しんでいるのではないかと思う。
東京近辺の人達が羨ましいな、と思った。

著者のあとがきには、「ぐっとくる屋上にめぐり会えた時は屋上の神様に感謝した」ということが書かれていた。

この写真集を見ると、屋上に行ってみたい、という気持ちになってきた。

撮影時の著者の気持ちが伝わってきたのかもしれない。

私には無許可で民間のビルの屋上に行く勇気はないので、とりあえず、立ち入っても問題ないデパートの屋上やショッピングセンターの立体駐車場の屋上とかにでも行ってみようかなあ、と思った。

  
 

前へ

写真集『DIZZY NOON 厚木飛行場・五月九日 1965』(著者:新倉孝雄)を読んだ感想

次へ

『石橋 伝えたい日本の橋』(著者:平野暉雄)を読んだ感想