写真集『廃墟をゆく』(著者:小林伸一郎、文:田中昭二)

『廃墟をゆく - 小林伸一郎写真集』(DEATHTOPIA SERIES PHOTOGRAPHS SHINICHIRO KOBAYASHI TEXT SHOJI TANAKA)は、北海道から沖縄までの日本各地、アメリカ合衆国、オーストラリア、ニューカレドニアといった外国の廃墟写真を収録した写真集。

掲載されている写真は、どの写真も心惹かれる興味深いものばかり。
特に、気に行ったのは、「宮古精錬所 岩手県宮古市 2002」という説明が付いた写真。
柱や天井の所々が青や緑に変色している様が神秘的で良かった。

この写真集には、著者と一緒に廃墟写真の撮影旅行に行った田中昭二氏の文章が45ページほど掲載されており、この文章がまた良かった。
田中氏の廃墟への思い、廃墟を見る時、廃墟の中に入る時、廃墟を去る時、廃墟を再訪する時などの心理描写が繊細で、私の心に様々な想いが伝わってきた。
田中氏はピンク映画の監督ということで、映画撮影の場としても廃墟を採り入れていること、撮影を行ってから8年後に廃墟を訪れて抱いた想いについても書かれている。

この写真集は、廃墟写真そのものも楽しめるし、廃墟を訪れる人の心理がいかようなものか、についても窺い知ることができる、面白い本だと思った。

なお、写真集で見ることができる廃墟一覧は、以下となる。(写真集巻末付近の「INDEX」より)

北海道
芦別市 芦別炭鉱
小樽市 ホテル展望閣
三笠市 奔別炭鉱
三笠市 新三笠炭鉱
夕張市 沼東小学校
夕張市 清水沢発電所
夕張市 清水沢炭鉱
阿寒町 雄別炭鉱
斜里町 国鉄越川陸橋
羽幌町 羽幌炭鉱
広尾町 自動二輪車修理工場
八雲町 サンパルブ工業

青森県
八戸市 迦棲羅山婆佗雁寺
八戸市 水産加工場
八戸市 精神病院附属保養所
むつ市 日本特殊鋼管

岩手県
盛岡市 東北木材工業
釜石市 大橋鉱山
宮古市 宮古精錬所
田老町 田老鉱山
田老町 田老町立アパート
松尾村 松尾鉱山
松尾村 生活学園

宮城県
気仙沼市 三陸海岸気仙沼遊園地

秋田県
鹿角市 尾去沢鉱山
小坂町 内の岱鉱山 ※写真集のINDEXでは「内の垈鉱山」と表記されている。(「垈」が「岱」になっている)

福島県
いわき市 いわき仏の里

栃木県
佐野市 ヘルスセンター佐波の湯
足尾町 足尾銅山
葛生町 三峰鉱山
葛生町 田政砿業
葛生町 羽鶴ドロマイト
葛生町 村堅石灰

茨城県
岩瀬町 フジヤホテル平安閣

群馬県
松井田町 国鉄旧信越本線
松井田町 丸山変電所
新治村 笹の湯相生館

埼玉県
東松山市 日本軍地下造兵工場
大滝村 小倉沢小中学校

千葉県
木更津市 第二海堡
木更津市 東京プライウッド

東京都
港区 旧フィリピン大使館
江東区 笹野木材
立川市 旧立川飛行場
三宅村 阿古小中学校

神奈川県
横浜市 日本発条
川崎市 マネキン製造工場

新潟県
新発田市 赤谷鉱山
長岡市 リゾートイン長岡
両津市 中古車販売店
相川町 佐渡金山

富山県
高岡市 製鉄工場五月寮
立山町 大川寺遊園

福井県
和泉村 中竜鉱山

静岡県
天竜市 セメント工場
修善寺町 帝産大仁金山

三重県
藤原町 白石藤原鉱山

滋賀県
木之本町 土倉鉱山

大阪府
泉南市 丸井病院

兵庫県
神戸市 摩耶観光ホテル
芦屋市 ユネスコ会館
家島町 青井の浜採石場

和歌山県
和歌山市 スシヨシボーリング
那智勝浦町 妙法鉱山

岡山県
岡山市 犬島精錬所
玉野市 陶器製造工業

広島県
尾道市 船舶修理工場

山口県
小野田市 若山幼稚園
小野田市 砂利採取工場

徳島県
鳴門市 ホテルニュー鳴門

香川県
高松市 ゲームセンタードラゴン
土庄町 小豆島石材
仁尾町 仁尾サンシャインランド

愛媛県
松山市 プレハブ材工場

高知県
高知市 ホテル皇王邸
室戸市 民宿丸山荘
室戸市 スカイレストラン ニューむろと

福岡県
福岡市 北九州診療所
北九州市 日本セメント
宮田町 龍神鉱業
香春町 セメント製造工業

佐賀県
伊万里市 川南造船所
浜玉町 シーサイドホテル

長崎県
大島町 大島鉱山蛤診療所
崎戸町 崎戸炭鉱
高島町 端島炭鉱

熊本県
荒尾市 万田炭鉱

鹿児島県
指宿市 総合結婚式場

沖縄県
糸満市 バー ゴールデンスター
名護市 在日米軍施設
大宜味村 龍園プラザレストラン
金武町 スナック サーフサイド
金武町 サパークラブ セブンアップ
今帰仁村 リゾートインロイヤルホテル
中城村 中城高原ホテル


アメリカ合衆国
ニューヨーク
ワシントン
グァム

オーストラリア
ゴールドコースト

ニューカレドニア
ヌメア

  
 

前へ

写真集『茅ヶ崎海岸の野良うさぎ ゴマ』(著者:内藤雅光)を読んだ感想

次へ

写真集『東京下町 風が見える街』(著者:長尾宏)を読んだ感想