トマトジュースと間違ってオハヨー乳業株式会社の「のむジュレ 国産トマト」を飲んだ

出張先の横浜市のセブンイレブンで、オハヨー乳業株式会社の「のむジュレ 国産トマト」という見慣れないジュースを見つけた。

価格は168円だったので、ちょっと高い上に、そもそも、「ジュレ」って何だろう、と思ったのだけれども、私の大好きなトマトがパッケージに描かれていたので、これはきっとトマトジュースなのだろう、と思って買った。

ホテルにチェックインし、部屋で晩御飯も食べた後で、「さあ、トマトジュースを飲むぞ!」と思って期待して飲むと、びっくり。

普通のトマトジュースだと思ったのは完全な間違いだった。

アロエの味がメインだった。

商品のパッケージをよく見ると、「アロエ入り」と書いてあるのだから、当然だ。

気になったので、販売元のホームページを見てみた。

《参考》オハヨー乳業株式会社のホームページから引用
http://www.ohayo-milk.co.jp/products/drink/1205_drink-jelly-tomato.html

「飲む」と「食べる」を両方楽しめるジュレ飲料
スイーツ素材としても人気の高いトマトを使用したゼリー飲料です。
固形感が楽しめるように角切りのアロエを入れました。
太いストローで飲むことによりジュレとアロエの2つの食感が楽しめます。

販売地域:全国
発売日:2012年05月15日

おおおー、なんと、7日前に発売されたばかりの新商品だったみたいだ!

この商品を見慣れなかったのは当たり前だ。

と何故かどうでもいいことで少し驚きながら、このホームページの記述を見て、

ジュレとは、ゼリーのことである

ということが分かった。

トマトジュースと思って間違って買ってしまったのは残念だったが、「ジュレ」という単語を覚える良い勉強になったと思う。

おいしいかどうかは、人それぞれだと思う。私はアロエがそんなに好きではないので、「微妙」といったところだろうか。

《購入した商品のパッケージに記載されていた情報》

  • アロエ入り
  • 国産トマト
  • トマトがおいしいジュレになりました。
  • 風味豊かで爽やかな甘みのトマトジュレ。アロエを入れて食感も楽しめるよう仕上げました。
  • 原材料名:アロエ葉肉、トマトピュレー、砂糖、異性化液糖、食塩、安定剤(増粘多糖類)、香料、酸味料、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、トマト色素
  • 内容量:180g
  
 

前へ

東芝製ノートPC「dynabook T451 / 58ER」でのFinal Fantasy11と14のベンチマーク結果

次へ

羽田空港から日本大通り駅に電車で移動する単純なルート