写真集『瀬戸内の楽園 高橋毅 高橋毅』を見た感想

四国の自然の風景をテーマにした写真集。どの作品も大変美しいのだが、特に海と月光を組み合わせた写真にはしばらくの間見とれてしまう。この写真集の中で特に気になった作品を以下に紹介する。

・「カブトガニ」:西条市で撮影された作品で、2匹のカブトガニが寄り添って海砂にめりこみながら前進(?)している様子がとらえられている。20年ぐらい前にカブトガニを実際にこの目で見たことを思い出した。この写真を見て、もう一度カブトガニを実際に見てみたい、と思った。
・「宮島の宴」:花火と鳥居の組み合わせが幻想的で良い。
・「月光の播磨灘」:金色に染まる海と大きな月が良かった。



  
 

前へ

赤川次郎 『呪いの花園—幻影稼業』

次へ

写真集『イースター島 写真・絵・文/大友慶高』を見た感想