原作:太田牛一/著者:小島剛夕 『信長公記』

「信長公記」の「信長」は、「しんちょう」と読むようだ。本書によれば、原作の「信長公記」は、織田信長側近の太田和泉守牛一(おおたいずみのかみぎゅういち)が自身の日記を基に綴った信長の一代記ということ。このマンガは、僕には読みにくくてよく分からなかった。勉強が足りないのだろう・・・。
  
 

前へ

原作:和泉式部/著者:いがらしゆみこ 『和泉式部日記』

次へ

酒井美羽 『春色梅児誉美』