西村京太郎 『萩・津和野に消えた女』

十津川警部が出てくる推理小説。「これから、あいつを殺しに行って来ます。もう、決めたの。だから、探さないでください。由美子」と置手紙を残して、由美子は失踪してしまう。由美子が、萩・津和野に行ったのではないかと見当をつけて捜索しているうちに、由美子の恋人も失踪してしまう。そして、やがて2人の死体が見つかる。自殺なのか他殺なのか。犯人は、由美子なのか。…詳しくは、ネタばれしたらいけないので、本を読んでください。…僕としては、犯人はやはりあいつだったかと思える結末だった。まあ、それはいいとして、第2の故郷とも言うべき山口市が出てこなかったのが残念だなあ。萩・津和野も何度か訪れたことのある思い出深い町だから、もちろん十分楽しめたけどね・・・。この本を見て、津和野には津和野城跡があり、リフトで登ることができるということを知った。いつか津和野城跡に行ってみたいなと思った。また、レンタサイクルで津和野の町をぶらっと旅してみたいなとも思った。
  
 

前へ

筒井康隆 『わたしのグランパ』

次へ

赤川次郎 『かけぬける愛』