赤川次郎 『雪に消えた悪魔』

悪魔シリーズ第4弾。おなじみの仲良し三人組の女子高生、矢吹由利子、桑田旭子、弘野香子が、「スキー学校」に出かけて殺人事件に巻き込まれる。舞台は冬の北海道。この3人の学校は、修学旅行もこの前行ったばかりなのに、「スキー学校」にも行くという豪華さ。すごいなあ。この本で初めて知ったのだが、スキーのリフトは二人乗りのものがあるらしいということ。松山城みたいに1人乗りのものしかないものと思っていた。それはともかく、雪が激しく降っている中、暖房器具もないところで監禁されていた由利子がかわいそうだった。よく凍傷にならなかったものだ。
  
 

前へ

里中満智子 『トロイの木馬』

次へ

原作:モーリス・ルブラン/画:一峰大二 『怪盗ルパン1 ルパンの逮捕』