原作者:大久保彦左衛門/著者:安彦良和 『三河物語』を読んだ感想


あとがきによると、この物語は江戸期のベストセラーらしい。内容は、対立する本多佐渡守に対する批判など、愚痴っぽいものが多い。特に驚いたのは、徳川家康を主君としているのに、家康を批判しているところ。

  
 

前へ

原作者:二条/著者:いがらしゆみこ 『とはずがたり』

次へ

原作者:近松門左衛門(本名:杉森信盛)/著者:里中満智子 『心中天網島』