原作者:近松門左衛門(本名:杉森信盛)/著者:里中満智子 『心中天網島』

「心中天網島(しんじゅうてんのあみじま)」は、享保5年(西暦1720年)の10月14日の夜明けに起こった事件をもとに作られたということ。この表題作は、借金を背負って色を売らざるを得ない小春と、妻子ある身の治兵衛(じへえ)が心中する物語。他に、「女殺油地獄(おんなころしあぶらのじごく)」、「鑓の権三重帷子(やりのごんざかさねかたびら)」、「曾根崎心中」が収録されている。「女殺油地獄(おんなころしあぶらのじごく)」で、「『しみ』でも・・・『血』であれば酒をかければ赤さがよみがえる」とあったけれど、これは本当なのだろうか。
  
 

前へ

原作者:大久保彦左衛門/著者:安彦良和 『三河物語』を読んだ感想

次へ

道後平ニュータウンから眺める松山城、松山市街 (愛媛県松山市)