田中芳樹 『クレオパトラの葬送 薬師寺涼子の怪奇事件簿』

警視庁刑事部参事官の薬師寺涼子(27歳)が忠実なる部下(または下僕)である警部補の泉田準一郎(33歳)を従えて海上で孤立した豪華客船で悪人や魑魅魍魎と戦うお話。フィクションとはいえ、この本に登場する人物達は、かなり現実世界の人物と関わりがあるような気がしてならなかったのは気のせいだろうか・・・。今回からは、貝塚さとみ巡査(21歳)と阿部真里夫(29歳)が新しく登場した。どうもこのシリーズは長いこと続いていきそう。楽しいなあ。
  
 

前へ

一条真人 『とってもかんたんTurbolinux7』

次へ

赤川次郎 『ぼくが恋した吸血鬼』