赤川次郎 『ぼくが恋した吸血鬼』

平石正人(ひらいしまさと)(19歳)の恋人松永亜紀(まつながあき)(19歳)が吸血鬼に襲われる。吸血鬼に復讐するために正人と幼なじみの宮沢有子(みやざわゆうこ)が力を合わせる・・・が、意外な展開になる。単なる吸血鬼退治のお話ではない。ちょっと悲しい物語です。とはいっても、襲われる人間にとっては吸血鬼は吸血鬼なんでしょうが・・・。
  
 

前へ

田中芳樹 『クレオパトラの葬送 薬師寺涼子の怪奇事件簿』

次へ

真島ヒロ 『RAVE 14巻』