一条真人 『とってもかんたんTurbolinux7』

この本に添付されている2枚のCD-ROMで、Turbolinux7.0日本語版をインストールすることができた。325ページもあるが、コンピュータ画面の写真やペンギンの絵などをふんだんに取り入れているので、読むのにはさほど時間がかからない。「とってもかんたん」と書いているが、私のDynabook Satellite 2510(東芝製ノートパソコン、Windows98プリインストールモデル)にインストールするのは相当苦労した。(インターネットで情報を集めていて分かったことだが、ノートパソコンにLinuxをインストールするのは結構面倒らしい。デスクトップの方がLinuxの導入は簡単なようだ。)さて、この本に書かれている通りに、最初は自分でパーティションを設定したのだが、そうするとインストールが異常終了してしまった。これは私のパソコン固有の問題なのかもしれないのだが、原因は一体なんなのだろう?2回ほど試したが同じ結果が出たので、自分でパーティション設定をするのはあきらめた(この本を使用した人がいたら、これについての情報をください。)そして、仕方なく自動設定にしてみると、うまくインストールができた。ただし、Xの設定がうまくいかず、GUI表示ができなかった。インターネットで色々情報を集めて、試行錯誤しながらX86Configを編集して、なんとかGUI表示ができるようになるまでに5日もかかった。編集と言っても、ビデオカードのドライバ名をvesaにするだけでよかった。GUI表示ができた時は非常に嬉しかった。後は、音が出ないという問題が残っているけど、これは急を要さないので気長に設定していきたいと思う。あまりLinuxについてここで話すと本紹介とは関係なくなるのでこれくらいにしておきます。私のLinuxについての勉強状況などは、「Linux」を御覧ください。
  
 

前へ

司馬遼太郎 『新史 太閤記(下)』

次へ

田中芳樹 『クレオパトラの葬送 薬師寺涼子の怪奇事件簿』