筒井康隆 『ロートレック荘事件』

「推理小説史上初のトリックが読者を迷宮へと誘う。前人未到のメタ・ミステリー」という文句が文庫本カバーの裏に書いてあったのでかなりわくわくしながら読み始めた。謎解きシーンに入ると、途中何度も前のページに戻って、至極丁寧に読み返した。最後の数ページまで、犯人が「どうなってるのか」よく分からなかった。映像化はかなり難しそう。人によっては、「こんなのありか」と思うかもしれない。私にとっては、あまり読後感はすっきりしなかったが、作者に「まんまとやられた」ので、それだけで満足している

前へ

井沢元彦 『修道士の首』

次へ

赤川次郎 『殺人はそよ風のように』