赤川次郎 『勝手にしゃべる女』

表題作を含め、26の作品—ショートショート—が収録されている。赤川氏の作品は長編が多いので、珍しい本と言える。前半のI部より、サラリーマンを題材にしている後半のII部の方が面白く感じた(ただし、I部の「長い長い、かくれんぼ」はこの本の作品の中で、一番心に訴えるものがあり、ひどく印象に残った)。II部の各話の冒頭には、赤川氏のサラリーマン時代のちょっとした体験談が短く添えられていて面白い。解説は、ショートショート作品の代表者と言える星新一氏が担当している。
  
 

前へ

赤川次郎 『探偵物語』

次へ

赤川次郎 『裏口は開いていますか?』