貞本義行・[原作]GAINAX 『新世紀エヴァンゲリオン⑦』

1990年代後半にブームとなったアニメをもとに、貞本氏が新たなエヴァンゲリオンの世界を構築している。当初、話はほぼアニメにそった内容だったが、次第に、アニメ版との相違点が大きくなってきた。実にわくわくするパラレルワールド。TV版最終回、映画版最終回共に論議を呼んだが、今回の漫画版でどのような結末を迎えるかが非常に楽しみ。さて、第7巻は、初号機の覚醒に関するものがメインストーリーになり、非常に印象的なのだが、アニメをよく見ていたファンなら、登場人物の過去の話に注目しただろう。アニメでは語られなかった話がいくつか入っているからだ。ファンにとってはかなり嬉しい。
  
 

前へ

衛藤ヒロユキ 『魔方陣グルグル 14巻』

次へ

小林よしのり 『おぼっちゃまくん1』