司馬遼太郎 『新史 太閤記(上)』

上巻は、豊臣秀吉の幼少時代から、播州平定までの話。秀吉が農民の子から出世していくさま、信長とのやりとり、木下藤吉郎という姓名や羽柴姓を得る経緯・背景などがよく分かった。寧々と秀吉の夫婦喧嘩も面白かった。身分の厳しい社会であっても、実力さえあれば、どんどん出世できる戦国時代は、どことなく最近の日本の雇用制度—能力主義—と似ている気がした。
  
 

前へ

赤川次郎 『窓からの眺め』

次へ

アイザック・アシモフ 『火星人の方法』