アイザック・アシモフ 『火星人の方法』

表題作他3篇が収録されている。「火星人の方法」は、水を地球からの輸入に頼っていた火星が、地球側から水の供給制限を宣告されたことにより展開される物語。その他、「まぬけの餌」は、ジュニアと呼ばれる惑星で謎の死を遂げた植民者達についてその調査を行う若者や科学者達の物語。4つの収録作品は、1952〜54年に雑誌で発表さたものだが、50年経った今でも新鮮なSF作品に感じられた。
  
 

前へ

司馬遼太郎 『新史 太閤記(上)』

次へ

秋本治 『こちら葛飾区亀有公園前派出所 第127巻』