赤川次郎 『女学生』

タイトルが女学生とは言っても、主人公が女子中高生とは限らない。それは見てのお楽しみ。偽(?)の女学生の話が一番感動し、面白かったのだが、果たしてこんなに気持ちのいい性格をしている人というのは本当にいるのだろうかと思ってしまった。だが、世の中は広い。いるかもしれない。
  
 

前へ

赤川次郎 『ふたり』

次へ

衛藤ヒロユキ 『魔方陣グルグル 14巻』