長尾真・牧野武則編著 『コンピュータで翻訳する』

コンピュータに翻訳させる、いわゆる機械翻訳がどういうものかを学ぶために読んだ。あと何年かしたら翻訳している人は全員失業なのかなと思ったのだが、この本の説明にある機械翻訳のやり方を見ていると、翻訳している人の失業ということはないだろうなぁ、と思った。
  
 

前へ

山下関哉 『図解でわかる Javaのすべて—ネット時代のプログラミング』

次へ

Isaac Asimov 『Foundation's edge』を読んだ感想