楽天トラベルで同日に2つのホテルを予約して5400円損した

この10年間ほど、仕事での出張時に宿泊するホテルを予約するために楽天トラベルをよく利用している。

毎週、毎日のように出張があるので、楽天トラベルでホテルを予約することにはとても慣れている。
慣れすぎていたから油断が生じていたのかもしれない。
最近、この10年間で初めての手痛いミスをしてしまったことに気付き、愕然とした。

楽天トラベルでホテルを予約した場合、ホテルの宿泊料金をホテル予約時にクレジット決済で楽天トラベルに支払うか、ホテル現地のフロントで現金決済をするかを選択できる。

私の場合、特に理由がない限り、ホテルの宿泊料金はクレジット決済にしている。
楽天トラベルのサイトでクレジット決済で支払いを済ませた場合、ホテル現地では領収書が発行されないので、宿泊日以降に、楽天トラベルのサイトから領収書を発行する必要がある。
ホテルですぐにでも領収書を発行してもらいたいのであれば、楽天トラベルのクレジット決済は使用せず、ホテル現地での決済にする必要がある。

楽天トラベルでクレジット決済にした場合の領収書発行は簡単。
楽天トラベルのサイトをパソコンのブラウザで開き、楽天トラベルにログインすると、過去に予約をしたホテルの情報を閲覧できる。
楽天トラベルでクレジット決済をしたホテルには「領収書発行」ボタンが表示されるので、このボタンを押すと、領収書が画面に表示される。
あとは、この画面をプリンターで紙に印刷すれば良い。

先週、この作業を行っている時に、おかしなことに気付いた。

同じ日にホテルを2つ予約している。

予約されていたホテルはそれぞれ違うホテルで、一方は確実に宿泊した記憶があったけれど、もう一方は宿泊した記憶がない。

私が他の社員のために、ホテルを予約した覚えもない。

凄く嫌な予感がしながら、宿泊した記憶がないホテルに電話をしてみた。

「すみません、4月○日に私がそちらのホテルに宿泊したかどうかを確認できないでしょうか。楽天トラベルで4月○日にそちらのホテルを予約した履歴があるのですが、その日は実は私は近隣の他のホテルに宿泊しているので、たぶん、そちらのホテルには宿泊していないと思うのです」

ホテルのフロントの人が調べたところ、私はホテルには訪れなかったことが分かった。
私という人物が物理的に2人に分裂をして別のホテルにも実は宿泊をしていたというようなSF的な話や、私が実は多重人格者でこのブログを書いている私以外の人格が知らないうちに別のホテルに宿泊予約をして、このブログを書いている私が寝ている間に、別の人格の私が別のホテルで過ごしていた、というようなありえるかもしれない(本当にありえたら怖い)話などはどこにもなかった。

たぶん、話は単純で、私の単純な予約ミスであろう。

ホテルの人からは、楽天トラベルでの決済が終わっていたので、ホテルを訪れなかった私には特に連絡を入れなかったこと、楽天トラベルでの決済については、ホテル側ではどうしようもないことを言われた。

私としては、私が楽天トラベルで間違って予約をしたのであろうから、ホテルに苦情を言ったりするつもりはなかった。
ホテルの人は何か誤解をされて身構えられていたように思うけれど、私が確かめたかったのは、事実確認だけであった。
泊まってもいないホテルの宿泊料金を支払うのは、とても嫌なことだけれど、仕方がないと思っているので、ホテルの人にお金を返してほしい、などの苦情を言うつもりはない。

楽天トラベルはとても便利で、今後も使い続けていくと思うけれど、便利な反面、予約をしたという記憶すらないほどに予約が簡単にできてしまうから、あっさりと予約をしたということを忘れてしまって、後日、同じ日に別のホテルを予約してしまうという二重予約をするようなミスをしてしまったのかもしれない。

この10年間で初めての手痛いミス。
ちなみに、泊まっていないのに支払うことになったホテルの宿泊料金は5400円。
なるべく6000円以下の安いホテルを選択することにしていたのが、不幸中の幸いであった。
会社の経費で落ちるからと言って、会社で認められている8000円という上限値ギリギリの高い価格帯のホテルを予約していたら、さらに損をするところであった。

仕事の出張で泊まるホテルを安いホテルにしたところで、差額が私の懐に入るわけではないので、安いホテルに泊まっても何のメリットも私には本来ないが、自分の懐が痛まないからと言って、わざわざ高いところに泊まるのもどうかと思うので、いつも安いホテルに泊まっている。
日頃のこの考え方のおかげで、今回、わずかではあるが被害額を減らすことに貢献していた。
損はしたものの、ここは自画自賛をしておこう。

自分のミスを会社に請求するわけにもいかないので、5400円は勉強代として、自腹を切るしかない。
5400円もあったら、漫画本を10冊は買えるので、これはかなり痛い。

同じミスを繰り返さないように注意しなくてはいけないとは思うけれど、このミスを防ぐのは、案外難しいかも...。
今回のミスは、私の記憶力や判断力に衰えが生じていることが原因ではないかと思っている。
既に予約済かどうかを楽天トラベルにログインをして、予約済ではないことを確認をしてから予約をする、という運用を自分に徹底できればミスは防げるのかもしれないけれど、この10年間そんなことはやってこなかったので、余計な手間が増えることにうんざりする。
能力の衰えをカバーするために、手間を増やす。
理屈は分かるけれど、とても面倒だなぁ。

楽天トラベルでの予約時以外でも、今後の自分は今回のようなミスをしてしまうかもしれないので、色々と注意をしないといけないのであろうと思った。

  
 

前へ

北千住駅東口から徒歩12分の銭湯・大和湯に入った感想

次へ

グンゼの箱の中から見つめてくる猫-ゆきお、父よりも娘の下着を好む