クラシックミニファミコン購入。猫-ゆきおはファミコンの箱に入る

2017年のヤマダ電機の初売りで、台数限定商品ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータを買うことができた。

ニンテンドークラシックミニファミコンの箱の表側
ニンテンドークラシックミニファミコンの箱の表側。

ニンテンドークラシックミニファミコンの箱の裏側
ニンテンドークラシックミニファミコンの箱の裏側。

せっかくなので、約33年前から所有している昔懐かしいファミコンと一緒に撮影してみる。
念のためだが、一回り小さいサイズの方が、クラシックミニファミコン。

ニンテンドークラシックミニファミコンとファミリーコンピュータの箱
ニンテンドークラシックミニファミコンとファミリーコンピュータの箱。

箱に入ったニンテンドークラシックミニファミコンとファミリーコンピュータのゲーム機本体
箱に入ったニンテンドークラシックミニファミコンとファミリーコンピュータのゲーム機本体。

ニンテンドークラシックミニファミコンとファミリーコンピュータのゲーム機本体を横から見た時の様子
ニンテンドークラシックミニファミコンとファミリーコンピュータのゲーム機本体を横から見た時の様子。

ニンテンドークラシックミニファミコンとファミリーコンピュータのコントローラI
ニンテンドークラシックミニファミコンとファミリーコンピュータのコントローラI。

クラシックミニのコントローラのサイズが小さく、操作しにくいのではないかという心配があったが、後で分かったことだけれど、特に問題なく操作できた。

この写真を撮影していると、小学五年生の娘から告げ口があった。

「お父ちゃん、今すぐ見て。ゆきおが悪いことしよるよ」

娘の声がする方を見ると、確かに我が家の飼い猫ゆきおが悪いことをしていた。

ファミリーコンピュータの発泡スチロールの箱の中から上目遣いで見てくる猫-ゆきお
ファミリーコンピュータの発泡スチロールの箱の中から上目遣いで見てくる猫-ゆきお。

私が小学一年生の頃(今から約33年ほど前)に私の親に買ってもらったファミリーコンピュータの箱に、ファミコン本体以外の物が入ったことは多分ないであろう。
あったとしても、ファミコンのカセットぐらいだ。
ましてや猫が入るなどということは一度もなかったはずだ。

この様子を見たわたしは、「ゆきお、なんてことをしてくれたんだ」などとは全く思わず、かわいらしいなあ、と思った。
ファミコン本体を大事にしまうところに猫が座るというのは悪いことには間違いないが、かわいらしいことにも間違いない。

ファミコンの箱の中からファミコンの上蓋をかぶりながら飼い主達を見上げる猫-ゆきお
ファミコンの箱の中からファミコンの上蓋をかぶりながら飼い主達を見上げる猫-ゆきお。

飼い主達と言っても、ゆきおは私を見ていないので、たぶん娘の方を見ているのであろう。
娘が私に大声で告げ口をしていたので、ゆきおとしては娘がよからぬことをしてくるのではないかと警戒しているのかもしれない。
そんなゆきおの心配そうな姿は長くは続かず、猫らしいふてぶてしい態度になった。

ファミコンの上蓋を気にする風もなくファミコンの箱の中でくつろぐ猫-ゆきお
ファミコンの上蓋を気にする風もなくファミコンの箱の中でくつろぐ猫-ゆきお。

段ボールの猫ハウスが好きなゆきおは、ファミコンの箱も猫ハウスとして認識したようであった。
ゆきおは、このファミコン猫ハウスをかなり気に入ったらしい。

ニンテンドークラシックミニファミコンとファミリーコンピュータのコントローラII
ニンテンドークラシックミニファミコンとファミリーコンピュータのコントローラII。

ファミコンにはボリューム調節可能なマイクがあるが、クラシックミニにはマイクはない。

ニンテンドークラシックミニファミコンとファミリーコンピュータの本体(表側)
ニンテンドークラシックミニファミコンとファミリーコンピュータの本体(表側)。

クラシックミニは、残念ながらカセットを入れるための蓋は開かない。
クラシックミニ本体の中に30本ものファミコンソフトが内蔵されているから、カセットは不要という発想だと思うけれど、できればカセットが挿せるようになってくれていたら、内蔵されていないゲームも遊べるので良かった。

ニンテンドークラシックミニファミコンとファミリーコンピュータの本体(上部側面)
ニンテンドークラシックミニファミコンとファミリーコンピュータの(上部側面)。

ニンテンドークラシックミニファミコンとファミリーコンピュータの本体(裏側)
ニンテンドークラシックミニファミコンとファミリーコンピュータの本体(裏側)。

ニンテンドークラシックミニファミコンとファミリーコンピュータの本体の隣にあるファミコンの箱の中でくつろぐ猫-ゆきお
ニンテンドークラシックミニファミコンとファミリーコンピュータの本体の隣にあるファミコンの箱の中でくつろぐ猫-ゆきお。

ファミコンの箱の中に入ったゆきおを箱ごと壁際に移動したけれど、ゆきおは箱から出ようとしなかった。
この猫はファミコンの箱の中がとても気にいったようだ。

ゆきおのことは気になるけれど、娘と一緒にクラシックミニファミコンで遊ぶ。

クラシックミニファミコンのテレビへの接続方法は簡単。
液晶テレビ画面の裏側にHDMIケーブルを接続するための差込口があるので、その差込口にHDMIケーブルを接続し、クラシックミニファミコンとテレビを接続する。
クラシックミニファミコンへの電源供給は、USBケーブルで充電ができる方式。
液晶テレビ画面の裏側にUSBケーブルを接続するための差込口があるので、そこから電源を供給してもらう。
HDMIケーブルとUSBケーブルはクラシックミニファミコンに同梱されていたので、わざわざ買う必要はない。

ニンテンドークラシックミニファミコンでスーパーマリオブラザーズを遊ぶ小学五年生の娘
ニンテンドークラシックミニファミコンでスーパーマリオブラザーズを遊ぶ小学五年生の娘。

私がコントローラIでマリオを操作し、娘がコントローラIIでルイージを操作した。
娘には本日『スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS』も買い与えているけれど、約33年前に私が小学1年生の頃に遊んだファミコンのスーパーマリオブラザーズをとても楽しそうに遊んでいた。

その他に娘が気に入ったのは、『ダウンタウン熱血物語』というゲーム。
2人同時プレイできるのがよい。
不良少年を2人それぞれのコントローラで操り、他校の不良少年達を暴力で倒していくというゲームを小学5年生の娘と協力しながらプレイし、プレイに熱中する、というのは考えてみれば不思議だし、凄いことだ。

クラシックミニファミコンを小学5年生の娘と一緒にプレイすると、私も小学生の頃に戻ったような感覚でプレイできたので、大変良かった。
我が家の飼い猫-ゆきおがファミコンの箱が好きであるということが分かったのも面白い。

良い買い物をしたと思った。


《関連リンク》
2017年のヤマダ電機の福袋でNewニンテンドー3DS、限定商品でニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータを購入した

この記事のメインカテゴリ:
この記事のサブカテゴリ: ,
SNS: