JR有楽町駅の宝くじ売り場前と改札口内にある大黒天

JR有楽町駅前の宝くじ売り場、売り子さん、年末ジャンボ宝くじの広告

JR有楽町駅前の宝くじ売り場、売り子さん、年末ジャンボ宝くじの広告。

売り子さんの女性は、寒い中、宝くじ購入促進のための宣伝を行っていた。

毎年、買おうと思いながらいつも買い忘れてしまう年末ジャンボ宝くじ。

このように売り子さんがアピールしてくれていたら、買うことを思い出せるので有難い。

せっかくなので、1枚だけ購入した。

年末ジャンボ宝くじ1枚のお値段は300円。

300円の資金投入で、10億円がもらえるかもしれないというのは、非常に魅力的。

当選するのは、確率的に物凄く低いことだろうけれど、買わないと絶対に当たらないので、1枚ぐらいは買っておこう、と思うことにしている。

JR有楽町駅前の宝くじ売り場付近の大黒天

宝くじ売り場前にあった大黒天。

宝くじを購入した人達が、大黒天のシールを貼る光景が見られた。

私も宝くじ購入時にもらったシールを貼ればよかったのだが、貼るのを忘れた。

JR有楽町駅前の宝くじ売り場付近の大黒天を囲む壁にびっしりと貼られた大黒天シール

大黒天を囲む壁にも、大黒天シールがびっしりと貼られていた。

御利益を求める人達がたくさんいることが分かる。

JR有楽町駅前の宝くじ売り場にある「有楽町大黒天の御利益」の看板

宝くじ売り場にある「有楽町大黒天の御利益」の看板。

2004年以降の「一億円超の高額当選実績」を確認できる。

2004年から毎年あった高額当選実績が2012年を最後に途絶えている。

2013年、2014年の2年間は高額当選がなかったようだ。

看板が新しくなっていないだけかもしれないけれど、もし、看板の内容が最新であれば、これまで毎年出ていた高額当選が、この2、3年ほどは出ていないことになる。

これをどう考えるべきか。

「そろそろ高額当選が出るのでは?」

と考えることにした。

今回の年末ジャンボは過去最高額のようなので、2、3年分の御利益が今年にまとまってやってくるのかもしれない。

JR有楽町駅改札口内にある大黒天

JR有楽町駅の改札口内にも大黒天はあった。

JR有楽町駅改札口内にある「有楽大黒の御縁起」

大黒天の足元にある説明書き「有楽大黒の御縁起」を読むと、この大黒天(彫像)の歴史が分かって面白かった。

大分出身の平野米一氏が、昭和初年に彫ったもので、当時の駅前の「亀八」寿司の主人が秘蔵し、その後、第二次大戦の末期に空襲を避けて駅長に贈られ、やがて中央改札口に守護神として鎮座することとなり、最終的に日枝神社の宮司様の奉仕により鎮座祭を執行し、この場所に末長く祀られることになった、とのこと。

JR有楽町駅を通勤等で毎日のように利用している人は、大黒天の前を通る度に、御利益を頂いているかもしれない。

縁起のいい駅だなあ。

宝くじを購入する駅としても、良さそうだ。

  

前へ

kindle価格で1円の『超機密 新世紀エヴァンゲリオン 最終報告書』を読んだ感想

次へ

東京都中央区銀座の銭湯「銀座湯」に行ってみた