写真集『越南世界 - ヴェトナム写真集』(著者:土井九郎)を読んだ感想

ベトナムの写真集。
※越南(えつなん)は、ベトナムを漢字表記したもの。

この写真集では、以下の約16の都市の写真を見ることができる。

  • ヴィンロン
  • クイニョン
  • ダナン
  • ダラット
  • チョロン
  • ニャチャン
  • ハイフォン
  • ハノイ
  • ハロン
  • ファンティエット
  • ファンラン
  • フエ
  • ホイアン
  • ホーチミン
  • ミト
  • メコンデルタ

撮影時期は、写真集巻末付近に掲載されている「ホーチミンの友人に宛てた手紙より」に書かれている年月日が1990年5月30日となっているので、そのあたりの時期であろう。
今(2015年7月)から、約25年前のベトナムの世界を見ることができる写真集。

写真集に掲載されているダラットの墓地は印象的。小高い丘の上に墓石が並ぶ様子は、日本ではあまり見ない光景。
墓地は、ベトナムで暮らす人たちの死生観を反映した場所であるため、興味深い写真だと思った。

その他にも、元気な笑顔で戯れる子供達、街の様子、海、自転車、バイク、手押し車など、様々な写真が掲載されている。
1990年当時の人々の生活を窺い知ることができる貴重な写真集だと思った。

  
 

前へ

写真集『みさおとふくまる さようなら、こんにちは』(著者:伊原美代子)を読んだ感想

次へ

写真集『茅ヶ崎海岸の野良うさぎ ゴマ』(著者:内藤雅光)を読んだ感想