片目の潰れた野良猫 -東京都葛飾区金町のアパート前にて

一人暮らしをしている東京都葛飾区内では様々な野良猫達を目撃する。
たまたまかもしれないけれどこれまで目撃した野良猫達はみな大人猫で元気そうに見えた。

3日前の日曜日の夜、葛飾区金町のアパート前で猫、しかも子猫と言ってもいい大きさの小さな猫が土の地面の上に座っているのに気づいた。

ガラス越しに見つめてくる片目の潰れた猫 - 東京都葛飾区金町のアパート前にて
ガラス越しに見つめてくる片目の潰れた猫 - 東京都葛飾区金町のアパート前にて。

アパート1階の廊下の窓ガラス越しに見つめ合う猫と私。

心が通じ合ったかもしれない。
そう思ってアパートから出て外にいる猫に近づくと、猫は私をしばらく見た後に、ゆっくりとした動作ではあったが、逃げ出してしまった。
心は通じ合っておらず、猫は私を警戒していただけのようであった。

翌日となる2日前の月曜日の朝、同じ場所で猫が眠っていることに気づいた。

東京都葛飾区金町のアパート前の土の地面の上で丸まって眠る野良猫
東京都葛飾区金町のアパート前の土の地面の上で丸まって眠る野良猫。

丸まっているので深い眠りに落ちている!?
そーっと音を立てないように近づくと、猫は警戒心が強かったのか、パッと起きてしまった。

片目の潰れた野良猫 - 東京都葛飾区金町のアパート前にて
片目の潰れた野良猫 - 東京都葛飾区金町のアパート前にて。

前日目撃した時は夜だったので暗くて確信を持てなかったけれど、朝明るい時だとはっきりと分かる。

この猫は片目が潰れているようである。
潰れているのは右目。
前日の夜は「ひょっとしたら土の上で寝ているから土の泥で汚れているのかな?それとも目やにがひどいのかな」ぐらいに思っていたが、目が潰れていたようである。

痛々しい。
しかもまだ子猫に見える。

なんとかしたいと思ったけれど、出勤しないといけなかったのでどうすることもできず、猫が逃げ出す前に、私が猫の前から逃げ出す。

出勤しながら遠く離れた自宅にいる妻にLINEで相談。
その日の月曜日の朝の時点では妻からもどうしようもない、という返事だったけれど、昨夜、妻からLINEが届いて、やや状況が変わった。

妻の顔の広い友人に相談し、ツイッターで保護してくれる人を探し始めてくれていた。
さらに、保護団体にも相談を始めてくれていた。
妻の行動に感謝。
何とかなるといいのだけれど、何ともならないかもしれない。

月曜日の朝を最後に、この猫は見かけていない。
月曜日の夜と火曜日の夜は小雨が降っていたので、雨が降っていたことが原因で、猫は眠る場所を変えたのかもしれない。

昨夜雨が降っていたからか、今日(水曜日)の朝も見かけなかった。

ひょっとしたら、心優しい近所の人達で既に保護されている可能性もあるけれど、よくない事態がすでに起きてしまっている可能性も考えられる。

我が家の飼い猫-ゆきおも、元・野良猫である。
保護団体で保護された野良猫を妻と私が引き取らせてもらった。
かわいそうな野良猫を見ると、ゆきおもそうなっていたのかもしれない、と考えて心が痛む。

  

前へ

2018年秋の東京銭湯のスタンプラリーでゆっぽくんのトートバッグを入手した

次へ

岡山駅から徒歩8分のカプセルホテル・ホテルリバーサイドに宿泊した感想