coincheckでアルトコインをビットコインで売却する方法と2017年11月29日のビットコイン暴落の恐怖

coincheckでのアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の売却は簡単にできる。

実際に私が売却した時の売却手順、売却画面を掲載する。

今回、売却したアルトコインはビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)。

ビットコインキャッシュは私が購入した時の価格から半額以下の状況が2週間ほど続いていた一方で、ビットコイン(Bitcoin/BTC)は価格上昇中であった。

長期的にはどうなるか分からないけれど、短期的にはビットコインキャッシュよりもビットコインを所有した方が良いかもと考え、ビットコインキャッシュを売却することにした。

ビットコインキャッシュを売却する前に、coincheckの総資産画面を見てみる。

coincheckの総資産画面 2017年11月26日10時24分時点
coincheckの総資産画面 2017年11月26日10時24分時点。

4つの仮想通貨それぞれに5000円ずつ投資していたが、ビットコインキャッシュだけ半値以下の2217円になってしまっている。
このビットコインキャッシュをcoincheckのコイン売却メニューから売却した。

coincheckのコイン売却画面-ビットコインキャッシュを日本円(JPY)に売却する場合
coincheckのコイン売却画面-ビットコインキャッシュを日本円(JPY)に売却する場合。

ビットコインキャッシュを日本円で売却する場合は交換先の通貨JPYになっていることを確認する。

レート 165297.5 BCH/JPY となっているので、ビットコインキャッシュの所有コイン数0.012757でかけ算する。

165267.5 × 0.012757 = 2108.70021

coincheckの画面で2108.7円という売却額が出ていたけれど、その金額はこの計算式で求められる。

総資産画面で2217円だった価値が、2108円に下落しているのは、coincheckに支払う手数料分を差し引いたからであろう。
この時の手数料は109円のようだった。

このまま日本円で売却したい場合は「売却する」ボタンを押せばよい。

この時の私は、日本円ではなく、ビットコインで売却したかったので、プルダウンのJPYをBTCに変更して交換先の通貨をビットコインに変更した。

coincheckのコイン売却画面-ビットコインキャッシュをビットコイン(BTC)に売却する場合
coincheckのコイン売却画面-ビットコインキャッシュをビットコイン(BTC)に売却する場合。

「売却する」ボタンを押してビットコインキャッシュをビットコインで売却したら、次に表示されたのは、ビットコインを売却する画面だった。

coincheckのコイン売却画面-ビットコイン(BTC)を日本円(JPY)に売却する場合
coincheckのコイン売却画面-ビットコイン(BTC)を日本円(JPY)に売却する場合。

この画面は、「コインを売却」の初期画面にもなっている。

ビットコインキャッシュの売却はこれで完了した。
売却はとても簡単で、一瞬で終わった。

今回はビットコインは日本円としては売却せず、ビットコインとして所有し続けることにした。

コインを売却した履歴は取引履歴画面で確認することができる。

coincheckの取引履歴画面-BCH(ビットコインキャッシュ)をビットコインで売却した履歴
coincheckの取引履歴画面-BCH(ビットコインキャッシュ)をビットコインで売却した履歴。

coincheckの総資産画面 2017年11月26日10時26分時点
coincheckの総資産画面 2017年11月26日10時26分時点。

5550円だったビットコインが、ビットコインキャッシュをビットコインに売却したことで7652円になった。
これがビットコイン価格の上昇に伴って1万円を超えてくれたら、ビットコインキャッシュでの損失を埋め合わせることができる。

コインの売却方法については以上となるけれど、コインを売却したのは4日前。

その後、どうなったのかを以下で少し紹介。

coincheckの総資産画面 2017年11月29日23時5分現在
coincheckの総資産画面 2017年11月29日23時5分現在。

総資産は23809円になり、ビットコインは10045円。
ビットコインが見事にビットコインキャッシュの損失を埋め合わせてくれた。
それから何故か、アルトコインのイーサリアム、ネムも価格が高騰してくれたので、20000円の投資が23809円になったのだから、約20パーセントも資産が増えたことになる。

これが昨日の夜のこと。
勢いに乗ってビットコインやアルトコインを買って大儲けをしようと考えていた人も世の中には多くいたようであったが、私は妻から最大5万円までの投資を厳命されていたことや、日曜日以降、諸事情で何もかもにやる気が起きなかった私は、総資産画面をキャプチャした後は何もする気が起きなくて、24時前にはもう寝ていた。

今朝起きたらビットコインもアルトコインも暴落していて、私の総資産が2万円未満になっていたので驚いた。

coincheckのチャットを見てみると、怒涛のごとくチャットが流れていき、阿鼻叫喚の地獄絵図のような状況になっていた。

朝起きてチャートを見て気絶した、みたいなことを書いている人がいたけれど、本当に、大変なことになっている人がたくさんいそうであった。

さて、仕事が終わり、今日は諸事情でやる気が復活してきて、ブログでも書こうと思ってカフェに入ってcoincheckの画面を見てみると、総資産は2万円を超えていたので、今朝よりは随分と価格が戻ってきているようであった。

coincheckの総資産画面 2017年11月30日21時33分現在
coincheckの総資産画面 2017年11月30日21時33分現在。

総資産が20843円。
ビットコインは8897円で1万円以下になっているけれど、4日前にビットコインキャッシュをビットコインに売却した直後の7652円よりも高い金額であるから、ビットコインキャッシュをビットコインに売却したのは今のところ判断として間違っていなかったようだ。

ビットコイン、イーサリアム、ネムの2017年11月29日の夜の暴落ぶりはチャートを見てみると凄いことになっていたことが分かる。

coincheckのビットコインの1日間隔のローソクチャート 2017年11月30日21時35分現在
coincheckのビットコインの1日間隔のローソクチャート 2017年11月30日21時35分現在。

ビットコインは1ビットコインが100万円を超えてから3日後には130万円を超えている。
つまり、3日間で価格が30パーセントも上昇している。
怪しすぎる値動きだなあ、怖いなあ、と思っていたら、案の定、ドカーンと急落していた。
チャートだけ見ると、29日のビットコインはもっとも高騰した130万円の時と暴落した80万円の時で50万円もの価格差があり、びっくり。

coincheckのイーサリアムの1日間隔のローソクチャート 2017年11月30日21時35分現在
coincheckのイーサリアムの1日間隔のローソクチャート 2017年11月30日21時35分現在。

coincheckのネムの1日間隔のローソクチャート 2017年11月30日21時35分現在
coincheckのネムの1日間隔のローソクチャート 2017年11月30日21時35分現在。

アルトコインであるイーサリアムもネムもビットコインに引きずられたのか、同日に暴落したようであった。

幸いにも、これらのコインは数日前の価格帯にまでは回復してくれたので、私としては特に問題ない。

coincheckのビットコインキャッシュの1日間隔のローソクチャート 2017年11月30日21時35分現在
coincheckのビットコインキャッシュの1日間隔のローソクチャート 2017年11月30日21時35分現在。

もう所有していないけれど、ビットコインキャッシュの値動きは念のため気にしておく。
私がビットコインキャッシュを売却した時よりもさらに価格が下がっている。
ビットコインが不安定ながらも価格の上昇を続けていく限りは、ビットコインキャッシュの価格が上昇する可能性は低いのかもしれない。

仮想通貨については、数日おきには私の大学時代の先輩・友人でもある安倍先輩との間でメッセージが交わされるほどである。
今朝も安倍先輩とは仮想通貨の話題でメッセージをやり取りした。
暴落前に資金を投入すると話していた安倍先輩が無事に暴落の危機を回避していたことを知り、安堵した。
プライベートではあまり人との交流がない私にとっては、仮想通貨は友人とメッセージを交わせる大切な話題の1つとなっているので、これからもますます目が離せないと思った。

  
 

前へ

上野駅近くのラーメン屋・らーめん花の華の野菜つけ麺が野菜山盛りでおいしかった

次へ

coincheckでアルトコインを日本円で売却する方法