金町駅南口のうどん四国大名が閉店の予定

東京都葛飾区金町のJR金町駅南口付近のお店で夕食を食べようと思ってぶらぶらと歩いていると、何度か利用したことがあるうどん屋さん・うどん四国大名が2017年9月2日(土曜日)をもって閉店する予定であることをお知らせする紙が店前のドアに貼られていた。

閉店前に、食べておかなくては、と思ってお店に入る。
以前食べておいしかったもっこり焼きやほっこり焼きを食べようかと迷ったけれど、やや食欲がなかった私は、食欲がなくても食べられることが多いカレーがセットになったメニューを頼んだ。

うどん四国大名のカレー丼スペシャル(うどんは冷)
うどん四国大名のカレー丼スペシャル(うどんは冷)。

お値段は540円。

これが今日の夕食で、私がうどん四国大名で食べる最後のメニューとなった。
量が多い上に、おいしかった。

金町駅南口のうどん四国大名の店舗外観と店前の様子
金町駅南口のうどん四国大名の店舗外観と店前の様子。

店の玄関にあった閉店のお知らせによると、昭和49年以来43年間の歴史があったというこのお店が閉店するのは、金町駅南口の再開発に伴うことが理由のようであった。
すぐ近くのラーメン屋さんにも似たような張り紙があり、そちらは金町駅北口に移転するということが書かれていて営業を継続するようであった。

おそらく、この今見えている一帯の建物が近々取り壊されて新しいビルなどが立つのであろう。

金町駅南口が再開発によりさらに発展するのは良いことだと思う一方、今まであったお店がなくなってしまうのは寂しいものである。

《関連リンク》
うどん四国大名でもっこり焼とほっこり焼を食べた感想
もつ鍋野菜うどん、茶めしセットを四国大名で頂いた感想
うどん四国大名で冷たいスタミナうどんを頂いた
うどん四国大名でスタミナ定食を頂いた

  
 

前へ

Movable Typeのテンプレートが壊れたついでに、デザインのテーマをRimo 1.0に変更した

次へ

猫ケージの寝床で丸まって怖い顔で見つめてくる猫-ゆきお