盆休みシーズンは東京のホテルが安いはずなのに

何年か前もそうだったが、盆休みシーズンは、東京のホテル(と言ってもビジネスホテルしか知らないが)の料金が安くなる。

普段、満室で予約できない人気のホテルにも空室が出やすくなる。

だから、昨日までの二泊は私のお気に入りのスーパーホテルに、一泊あたり、6000円で宿泊できた。 本日分の宿泊先は、なかなか気に入るホテルが見つからないので、諦めて、先週3泊した一泊あたり3500円の銀座の綺麗なカプセルホテルにしようかと思って値段を見てみると、税込みで5700円。

盆休みシーズンはホテルが安いと思っていたのに、何故、カプセルホテルでこのようなお高いお値段に跳ね上がっているのか。

この値段を出すのなら、ビジネスホテルに泊まりたい、と思って探していると、浜松町駅近くに、良さそうなホテルがあったので、そこにした。

お値段は6800円になって、カプセルホテルよりも高くなってしまったが、ここ最近、 かなり疲れているので、たまにはいいのではないかと、思う。

そういえば、歩いていて地震かと思ったら、眩暈がしていた、というのが今日は5回ほどあった。

銀座のカプセルホテルはかなり気に入っているので、また利用したいと思っている。

もう少し元気な時に、かつ、お値段が3500円程度の時に。

今日は、いつもよりやや豪華なビジネスホテル(三交インGrande東京浜松町)で、ゆっくりしようと思う。


  
 

前へ

TSUTAYAのレンタルビデオの延滞料金で2160円損してしまった

次へ

浜松町駅からモノレールの空港快速で羽田空港第2ビルまで移動した時の所要時間等