伊予鉄道古泉駅北側〜南側+猫+建設中のエミフルMASAKI


古泉駅の北側の道路から古泉駅ホームを眺める。


古泉駅の東側(松山市駅方面側)。


古泉駅ホームの正面付近。目の前は田んぼだ。


古泉駅ホームの西側。


古泉駅ホームのさらに西側。古泉駅ホームの北側線路に隣接する道路は線路沿いに走っている。

この線路の北側は田んぼだらけ。南側も田んぼだらけだったのだが、エミフルMASAKI建設に伴い、今は田んぼではなく工事現場。春には右が田んぼだらけで左がエミフルという光景に変わっているだろう。


古泉駅ホーム。
ホームの北側だけが乗り場の単線。南側はホーム下が猫のたまり場・・・でもいいけど、とりあえず駐輪場。


線路に隣接する北側道路は自動車一台分は余裕で通過できる幅がある。
しかし、ホームのすぐ西側の踏み切りは幅が狭い。軽自動車なら通行しているのはたまに見かけるが、たぶん真似しない方が良い。


松山市駅方面から電車がやってきて・・・


・・・郡中港方面に去っていった。


この電車は次は松前駅に止まる。近いのでわずか2〜3分で着く。そのためかいつもゆっくり走っているように見える。のんびりしていて良い。


古泉駅ホームを東側から眺める。


古泉駅ホーム南側から西側を眺める。ホーム直下に自転車が並んでいる。


古泉駅ホーム南側から東側を眺める。

ホームの上の緑色の柵は工事のためのものだ。
このホーム上での工事の影響で今までホーム上にあった自動販売機がホーム下に下ろされている。


古泉駅ホームの南側。
ホームの改札口から遠いホームの西側付近では駐輪場に屋根が付いている。
1歳11ヶ月の娘は駐輪場付近で何故かしゃがんでいる。


古泉駅の南側には建設中のエミフルMASAKIが見える。


いったいどんな施設ができるのだろうか。

※オープン後に分かったことだが、古泉駅を背にして見た場合、道路の左手が駐車場+赤ちゃん本舗、右手が駐車場+デオデオ、正面がエミフルMASAKI本体の建物となった。


古泉駅ホーム南側、ホーム直下を注視。白黒模様の野良猫を発見。


原付にも猫発見。


あ、自販機裏に逃げていった・・・。


古泉駅南側自販機前で娘を抱っこして立つ妻。


古泉駅ホーム。

この14時54分古泉駅発の電車で次の駅の岡田駅まで乗る。
乗車時間は2分ぐらい。
定期券を使用するので無料で乗車できる!

  
 

前へ

2週間ぶりの休日

次へ

伊予鉄道郡中線 岡田駅