小西砂千夫 『そこが知りたい市町村合併〜当事者たちの証言〜』

本書の大部分が市町村合併に携わった人達のインタビュー記事で構成されている。インタビュー記事は対話形式のため、合併問題についてほとんど知らなかった私にとっても分かりやすかった。私の地元愛媛県内の川之江市と伊予三島市の合併話(現在は合併して四国中央市になった)などは特に興味深かった。また、淡路島や壱岐の合併運動話、あきる野市、西東京市、篠山市の新市発足経緯などの話も面白かった。市町村合併というのは財政的な問題解決のためにぐらいとしか認識していなかったが、この本を読むことで行政サービスをよりよくする目的もあるということが分かった。
  
 

前へ

娘、掃除機をかける

次へ

アルベート・カミュ 『異邦人』