三原淳雄・木村剛 『騙されない社会人のための株入門—チャート分析に頼らない投資の常識』

デイトレードのような短期投資ではなく、長期投資での株購入を勧める本。株価のチャートだけを見て株を売買するという博打はやめて、会社の経営者や業務内容などをしっかり見て長期的な視野で買うということが大切であることが改めて分かった。著者の木村氏が、学生時代に株価のチャートの方程式を導き出すことに熱中したが結局失敗した、というエピソードが面白かった。
日本ではプライマリー・マーケット(primary market=発行市場)についての知識が少なく、セカンダリー・マーケット(secondary market=流通市場)ばかりに目がいっているので、もっとプライマリー・マーケットについての教育が必要だ、という意見ももっともだと思った。
  
 

前へ

冥王星が惑星ではなくなってしまった・・・

次へ

Anne Brouillard(アン・ブルイヤール) 『ねこさんびき』