いもとようこ 『いっしょがいいね!』

こあら、かんがるー、はりねずみ、さかな、ぶた、ぶるどっぐ、ねこ、ぺんぎん、せいうち、らっこ、はくちょうの赤ちゃんとお母さん(またはお父さん)が登場するかわいらしいイラストの絵本。6ヶ月の娘はこの絵本については最初に見た時から反応が良かった。特に「あっちで ちゅっ こっちで ちゅっ ちゅっ! ちゅっ! ちゅっ! さかなの あかちゃん いそがしい」という文章を読んでやると、娘が大喜びする。読んであげる時のリズムが面白いのかもしれない。また、この絵本の猫にも嬉しそに手を伸ばしていたので僕も嬉しかった。
  
 

前へ

写真集『樹よ。屋久島の豊かないのち 山下大明』を見た感想

次へ

冥王星が惑星ではなくなってしまった・・・