原作:大場つぐみ・漫画:小畑健 『DEATH NOTE 第10巻』

本巻では、キラの代わりに裁きを行う魅上照(みかみテル)が登場する。この魅上については、よくこのような都合のいい人材を簡単に見つけることができたなぁ、と月(ライト)の強運(?)に感心してしまった。ところで、夜神月の大学時代の同級生の高田清美(たかだきよみ)がキラ代弁者として再登場したことは意外だった(かなり昔に登場したキャラなので、すっかり存在を忘れていた)。そして、月(ライト)が高田清美を口説いている様子にはとんでもない悪役だなぁ、と呆れてしまった。
  
 

前へ

荒木飛呂彦 『スティール・ボール・ラン 第8巻』

次へ

原作:大場つぐみ・漫画:小畑健 『DEATH NOTE 第11巻』