柊あおい 『バロン 猫の男爵』

主人公のハルちゃん(吉岡晴)は、猫を助けたお礼として、猫の国のみんなから恩返しをされる。ムタ、フンベルト・フォン・ジッキンゲン男爵、ナトル、ルーン、ユキちゃん・・・みんななんてかわいい猫なんだ。特に、デブ猫のムタがいいなあ。ああ、今月の給料日(15日)が来たら、デジカメ買って、猫を撮りまくりたい。動画も撮れるデジカメ買うから、猫がのっそりと動く様子をいつでもパソコンで見られるようにしよう。この本に出てくるようなかわいい猫たちをいっぱい撮るぞ〜。うふふ。二足歩行してるのにはなかなか逢えないかもしれないけれど、うん、猫の事務所探そう。猫の国国・・・行ってみたい。この本を読んでとても幸せな気分になった。ストーリーもいいし、絵柄もとってもかわいい。ねこ、ネコ、猫〜。猫かわいい。r_nobuは、とても猫が好き。猫を飼ったことはないけど、とにかく猫が好き。外で猫が歩いているのを見かけると、顔がほころんでしまう。暇な時は、猫とにらめっこして遊ぶ。早く、給料日来ないかなぁ。(注)2002年のスタジオジブリの映画「猫の恩返し」の原作。まだ私は映画見てないなぁ。
  
 

前へ

作:菊地秀行・画:細馬信一 『魔界都市ハンター 1』

次へ

萩尾望都 『半神』