赤川次郎 『灰の中の悪魔』

悪魔シリーズ第1段。高校生の仲良し三人組、矢吹由利子、桑田旭子(あきこ)、弘野香子(きょうこ)が探偵役として、学園で起きた事件を解決していく物語。香子さんは、大金持ちの令嬢で、美人で、合気道、なぎなた、弓術に通じ、ピアノもたしなむ絵に描いたようなすごい人物だけど、友達を危険な目に合わせすぎだぞ・・・。あれじゃあ、由利子さんがかわいそうだ。ちなみに、この本の挿絵がとてもかわいい(イラストは水玉螢之丞による)。女子高生3人組の探偵ものには、とてもよく合っていると思う。題名の意味は結局分からなかった・・・。(2002年
  
 

前へ

川原泉 『フロイト1/2』

次へ

藤崎竜 『サクラテツ対話篇』