原作者不詳/著者:花村えい子 『落窪物語』

平安中期の物語。継母にいじめられ、落窪の君というひどい呼び方までされていた姫君が、少将の藤原道頼に愛されて幸せな生活を送るようになるというお話。・・・主人公の姫君って何ていい人なんだろう。普通なら北の方を憎んだりすると思うのに。一番いとおしいなあと思ったのは、道頼の結婚相手のために着物を縫おうとしているところ。こんなかわいい姫君ってなかなかいないなあ。・・・道頼の北の方への復讐は陰湿さを感じて、あまり楽しめなかったな。四の君がかわいそう。とはいえ、出世よりも妻を選んだ道頼に感動した。
  
 

前へ

誦習:稗田阿礼/撰録:太安万侶/著者:石ノ森章太郎『古事記』

次へ

原作:スタンダール/著者:里中満智子 『赤と黒』