赤川次郎 『一億円もらったら』

宮島努(つとむ)は、豊富な財産を抱えるが、結婚をしていないためその財産を残す相手がいない。そこで、自分の財産を見ず知らずの他人に与えて、その与えられた人がどのような行動をとるか楽しもうということになった。その与える金額はなんと1億円。宮島に代わって、秘書の田ノ倉良介が、1億円を与える相手を探す・・・。5つの短編が収録されていて、それぞれの主人公に1億円が渡される。「故郷は遠くにありて」「仰げば尊し」は、田ノ倉良介やその周りの人達の優しさに感動するが、内容が悲劇的すぎて辛かった。私も1億円が欲しい・・・。どこかに田ノ倉さんいないかなあ。
  
 

前へ

赤川次郎 『隣の芝生にご用心』

次へ

山村美紗 『京都・山口殺人旅行』