赤川次郎 『世界は破滅を待っている』

表題作を含む計7つの短編を収録している。表題作もいいのだが、その他の話も面白い。「善意の報酬」は、冤罪を扱ったテーマで、ユーモア話というより、かなり深刻な話に思えた。「燃え尽きた罪」という話は、ユーモア話で、この本の短編の中で一番気に入った。主人公が、仕事のミスを1つ消すだけで(それも、即刻クビになるよなミスとは思えないもので)とんでもない犯罪行為をしてしまうところにはちょっと呆れた。7つの短編は、全体的に暗い内容になっている。
  
 

前へ

赤川次郎 『仮面舞踏会』

次へ

赤川次郎 『死が二人を分つまで』