赤川次郎 『子供部屋のシャツ』

8年前に息子を死なせた級友達に復讐をする母親のお話。殺されたほうにとっては月日など関係なく、そうたやすく悲しみが癒えたり、恨みが消えたりすることはないということを痛感した。
  
 

前へ

赤川次郎 『上役のいない月曜日』

次へ

赤川次郎 『乙女の祈り』