ASKULの箱に乗るかわいらしい猫-ゆきお

ASKULのダンボール箱に乗る猫-ゆきお
ASKULのダンボール箱に乗る猫-ゆきお。

ASKUL(アスクル)のダンボール箱に興味津々な猫ゆきおは、かわいらしい顔でこちらを見上げている。

ASKULのダンボール箱の中身に足を踏み入れる尻尾フサフサでお尻丸出しの猫-ゆきお
ASKULのダンボール箱の中身に足を踏み入れる尻尾フサフサでお尻丸出しの猫-ゆきお。

ダンボールの蓋を開けると、ゆきおの興味は箱の蓋から箱の中身に移ったようであった。

無印良品の整理用のケースの蓋に座る猫-ゆきお
無印良品の整理用のケースの蓋に座る猫-ゆきお。

無印良品の整理用のケースに座る猫-ゆきお
無印良品の整理用のケースに座る猫-ゆきお。

尻尾が床に向かって垂れているので、ケースの高さが何となく分かる。

以上の写真は自宅にいる妻から今朝LINEで届いた。

最初、妻からの写真を見た時、私はまだきちんと目が覚めていなかったのか、妻がASKULで猫を注文したのかという変な誤解を抱いてしまった。

もちろんそんなことがあるはずがない。

いくらASKULでも、我が家の世界一かわいらしい猫を注文することは不可能だからだ。

今度自宅に帰ったら、ゆきおには私の膝に乗ってもらわなくては!

この写真のASKULの箱は私の膝。
無印良品の整理用ケースも私の膝。

そう思うと、顔がにやけてくる。

やはり我が家の飼い猫ゆきおは、世界一のかわいらしい猫だ。

  

前へ

高崎線の改札内にある桶川駅のロッテリアが充電可能なコンセントもあり快適だった

次へ

『恋は雨上がりのように』を観ている私をジロッと見ている猫-ゆきお