国立西洋美術館の考える人の像の拡大作を鑑賞した感想

JR上野駅の公園口出口から徒歩1分の距離にある国立西洋美術館(住所:東京都台東区上野公園7番7号)に行ってみることにした。

国立西洋美術館の外観
国立西洋美術館の外観。

国立西洋美術館の屋外にある考える人の像(横からの写真)
国立西洋美術館の屋外にある考える人の像(横からの写真)。

国立西洋美術館の屋外にある考える人の像(正面からの写真)
国立西洋美術館の屋外にある考える人の像(正面からの写真)。

国立西洋美術館の屋外にある考える人の像(後ろからの写真)と国立西洋美術館
国立西洋美術館の屋外にある考える人の像(後ろからの写真)と国立西洋美術館。

ロダン作の考える人の像は、私が中学生頃(26年ほど前)の美術の教科書に写真が載っていたように思うけれど、このように後ろから眺められる日が来るとは思わなかった。

国立西洋美術館の屋外にある考える人の像の説明板
国立西洋美術館の屋外にある考える人の像の説明板。
この像は「拡大作」とのこと。

国立西洋美術館の外観(正面に向かって左側から斜めに撮影)
国立西洋美術館の外観(正面に向かって左側から斜めに撮影。

その後、屋外のベンチに座ってスマートフォンでブログを書くなどしてしばらく休憩した後に、国立西洋美術館入り口前のチケット売り場で、企画展と常設展を観るためのチケット(合計1000円)を購入し、美術鑑賞を行った。

この記事のメインカテゴリ:
SNS: