写真集『四国カルスト』(著者:大江幸弘)を読んだ感想

四国カルストの写真集。

著者は、愛媛県久万高原町(旧柳谷村)出身の大江幸弘氏で、放牧の仕事のかたわら撮影しているという。

この写真集では、春夏秋冬の四季折々の四国カルスト、四国カルストの花を楽しむことができる。

雲海の上の草原で草を食む牛たち。
これだけでも、四国にもこんな光景があったのかと驚かされるが、雪の上を歩く牛の写真は特に印象的だった。
愛媛県松山市内だと雪が積もることなどあまりないけれど、山では雪が積もることぐらいは知っていた。
しかし、山と言っても、四国カルストレベルの山になると、これほどの雪景色になり、その雪景色を牛が歩く姿など今まで想像すらしたことがなかった。

私は四国に住んでいるものの、四国カルストにはまだ1回ぐらいしか行ったことがない。

この写真集を見て、四国カルストを訪れてみたいと思った。
(冬は車の運転ができそうにないので、夏頃に訪れてみたいと思った。)

  

前へ

写真集『四国山村風土記 - 寺尾国義写真集』(著者:寺尾国義)を読んだ感想

次へ

写真集『東京窓景』(著者:中野正貴)を読んだ感想