洗濯籠に入って網目から外を眺める猫-ゆきお

洗濯籠に入って網目から外を眺める猫-ゆきお

東京のアパートで使っていた小型の白い洗濯籠。
籠に入った我が家の飼い猫ゆきおは、籠の網目から両目を外に向けている。

1年前にこの籠を購入した際、籠の写真を見た妻からは「ゆきおが入りそうなカゴ」というコメントをもらった。
その時の妻の予想は見事に当たり、ゆきおは籠に入ってくれた。

洗濯籠に入った猫-ゆきおを上から眺めた様子

この洗濯籠は「アイリスオーヤマ バスケット ランドリー ピュアホワイト LB-M」という名称の商品でサイズ(外寸)は幅約44cm×奥行約32cm×高さ約27cmだ。
この洗濯籠は我が家の飼い猫-ゆきおがゆったりと入ることができる大きさだ。

1年前に洗濯籠を購入した理由は、東京のアパートから最寄りのコインランドリーに洗濯物を持っていくためであった。
アパートを出て自宅に戻った今となっては、洗濯籠は洗濯物を入れて持ち運ぶだけの用途では終わらず、我が家の飼い猫ゆきおの遊び場、猫ベッドという用途としても使えるようである。

洗濯籠に猫が入ると、かわいいなぁ。

《関連リンク》
眠る中学1年生の娘を洗濯籠の中から覗き見る猫-ゆきお
洗濯籠「アイリスオーヤマ バスケット ランドリー ピュアホワイト LB-M」を購入して使用した感想

前へ

100円ショップ・ダイソーの「ネームタグ付き 学校ぞうきん」が便利

次へ

靴底が剥がれた靴を履き続けるのは危険なので修理せずに捨てた