麒麟淡麗極上〈生〉を新幹線で飲みながら富士山を見るといつもより美しい!

麒麟淡麗極上〈生〉500ml、ラーメンおつまみ、亀田の柿の種わさび
麒麟淡麗極上〈生〉500ml、ラーメンおつまみ、亀田の柿の種わさび。

東京駅18時0分発の新幹線のぞみ121号岡山行の自由席で、麒麟淡麗極上〈生〉500mlを飲む。

発泡酒だけど、ビール並みにうまい!

つまみは、亀田の柿の種わさび、ラーメンおつまみ ラーメン&ピーナッツ ピリ辛チキン味&ピーナッツ。

これらは、東京駅の新幹線ホームの売店で購入した。

おいしくて、新横浜駅に到着する頃には、つまみは全部食べ終えてしまった。

新幹線のぞみだと、東京駅から新横浜駅まで20分ほどの時間で着くので、早い!

東京駅で乗って、新横浜駅で降りるお客さんもいたけれど、少しでも早く着きたい人にとっては、新幹線特急券など安いものなのかもしれない。

新横浜駅を過ぎても、発泡酒は残っていたので、窓外の景色を眺めながら、のんびり飲む。

東京駅を18時0分に出てから、約40分後、進行方向右手側の座席からは、富士山が見えるので、眺める。

新幹線のぞみ121号岡山行の進行方向右手側の窓から眺めた富士山
新幹線のぞみ121号岡山行の進行方向右手側の窓から眺めた富士山。

今日は天気が良いので、富士山か綺麗に見える。

日が暮れかかっているので、明るさは失われているが、夕焼けを眺めながら見る富士山もいいものだ。

淡麗極上〈生〉を飲みながら眺める富士山は、いつもよりも美しく感じる。

そろそろ淡麗極上〈生〉を飲み干しそうだが、ちっとも酔っていない。

ちょうど良いタイミングで、売り子さんが目の前にいるけれど、声をかけずに我慢しておこう。

飲み過ぎは、よくないだろうから。

  
 

前へ

JR松戸駅から矢切駅までバスで移動し、笑がおの湯矢切店で露天風呂などを堪能する

次へ

ダイニングテーブルの椅子の肘掛に座る猫-ゆきお