『一度は行ってみたい日本の絶景』(著者:日本絶景倶楽部)を読んだ感想

日本全国の一度は行ってみたい絶景を紹介する本。

ほとんどのページが見開きの綺麗なカラー写真となっていて、旅行雑誌的な本というよりは、写真集のような本となっている。

写真を見ているだけで、「うわー綺麗だなぁ」と感嘆し、どのページの写真もゆっくりと見つめてしまった。

どの景色も素晴らしいが、個人的には、青森県青森市の八甲田山の樹氷がよかった。

写真に添えられた説明によると、マイナス5度の極寒の地で吹く風が、樹木を雪で覆うことで樹氷ができあがるそうだ。

本書では、樹氷のことを雪男と表現していたが、私には、イースター島のモアイ像のように見えた。

巨大な雪のモアイ像が乱立しているように見える姿は圧巻だった。

是非、観に行ってみたいと思ったが、寒い所に行くのは大変そうなので、思うだけで、行けないような気がする。

私の地元(愛媛)については、面河渓が紹介されていた。

こんなにも美しい所だったとは!

毎年、行ってみたいと思いながら、行けずに今に至っているので、何とか時間を作って面河渓には行ってみたいと思った。

その他にも、熊本県阿蘇市など、気になるところがいくつかあった。

本当に一度は行ってみたい、と思えるような絶景ばかりが掲載されている本だと思った。

実際には、金銭的に、あるいは、移動が面倒などの理由で、行きたくても行けない所ばかりかもしれないが、写真集として眺めるだけでも感動をえられるので、見て良かったと思う。

  
 

前へ

浜松町駅からモノレールの空港快速で羽田空港第2ビルまで移動した時の所要時間等

次へ

衣山シネマサンシャインで映画『ジュラシック・ワールド』を観た感想